Archive Anecdotage

43. サンドラ・アシュトン

イアン・ペイスのパーティーで、サンドラは友達とお喋り中。バックには音楽が大音量でかかっていた。一方では小柄なローディーが、サンドラがいかに魅力的か、彼女にどんな事をしてみたいか、仲間に説明中。ちょうど彼が「くそっ、彼女と一発やれたらなあ!!」と仲間の耳に向かって大声で叫ぶその瞬間、音楽がパタッと止まった...

傲然と振り返ったサンドラ(180センチ以上の長身)は、自分の目の高さで周囲を見回した後、視線を下に落とし、恐怖に縮こまっている小男を発見。シーンと静まりかえった部屋の中で一言。

「今の聞こえたわよ、スチュアート。もしそんな事をして私の知るところとなったらタダじゃすまないって覚えておきなさい。」


© Ian Gillan 2004

back to the archive anecdotage
 に戻る