Questions - you got 'em; answers - we got 'em

第59回: 前時代テープはがし、困難な使命、ツアー計画、煙の解明、
憶え違い、DBのフラッシュバック

From: torreshm@mx.inter.net (Jose Ignacio Torres H Mantecon)

イアンは時々ライブでバッキングテープを使うと聞きました。本当ですか?

よろしく、
Jose

ハロー、ホセ、

おっしゃる通り...業界では Gaffer Tape(工事用強力ガムテープ)、またアメリカではダクトテープと呼ばれるテープを、毎日大量に使っている。どんな表面にもくっつく、用途の広いテープで、主にケーブル類を固定するのに使われる。

ガムテープ以前の時代の楽屋裏は、まるでスパゲッティ工場のような光景だった。スピーカー・ケーブルやら電源コードやらその他あらゆるケーブル類が絡み合い、コンサートが進行するにつれて更なる大混乱を巻き起こし、よって公演終了後そのもつれをほどいて片付けるのは大作業。その苦難をじっと耐え忍ぶ者、時には涙を流す者、もっと重症になるとアルコール依存症、不眠症、および被害妄想を併発し、意味のない言葉を口走る者も出てくる有り様だった。現在でもクルーの間でこれらの症状を含むいくつかの行動学的欠陥が度々見られるのは事実であるが、強力ガムテープはその症状をいくらか和らげてくれることから、逆に今度はこのガムテープに依存する者が少なくないのが現状だ。

Gaffer Tape という一般名称は映画業界に由来するもので、Gaffer とは大道具その他映画のセットの責任者のことだ。[注1]

イアン・ペイスもイアン・ギランもライブでオーディオテープを使うことは決してないのは保証する。粘着力が弱すぎて使い物にならないから。

Cheers, ig

From: andranikpasha@yahoo.com (Ashot Grigoryan)

ディアー・イアン、

あなたの政治的姿勢についてはいくらか理解しているつもりですが、イラク問題についてどうお考えですか。戦争によって世界をもっと平和で安定したものにすることは可能なんでしょうか。

アルメニアから敬愛をこめて、
Ashot Grigoryan

ハロー、アショット・グリゴリャン、

暴力は一時的にしかその力を発揮しないものだ。よって戦争は決して世界を安定させることはできない。

勝利者・「解放者」・侵略者達は、その内いつか飽きて、興味を失う。

征服の満足感とフィーバーが過ぎ去ってみると、この他人の土地で、いったい自分達は何をしているのかと疑問を持ちはじめるだろう。その間にも犠牲者達は「本物の敵」への復讐を誓い、返り討つ機会を密かに狙い続ける。

もっとずっと賢いやり方があるはず。最新型爆弾に頭脳を使うのではなく、チェスプレイヤーのように相手の動きを先の先まで読んで行動する術が。モノポリー[注2] と違って、チェスプレイヤーはサイコロを投げて、紙幣の力で脆い帝国を築くなんてことはしない。

Cheers, ig

From: Soledad

あなたのために...

ハイ、イアン、

次はいつまたアルゼンチンに来てくれるのでしょうか? (来てくれるんですよね?) 前回のこの国の感想はいかがでした?

英語が苦手なのでスペイン語で失礼します。

Soledad

ハロー、ソレダッド、

マネージメントのお偉いさん達が現在交渉中だが、話し合いは上手くいっているようで、今年の9月に南米ツアーが実現する可能性は大。詳細が決まり次第、このサイトで発表するのでお楽しみに。

Cheers, ig

From: jeremy.marples@centrelink.gov.au

バットマン、この謎を解いて!(そう言えとクレイジー・フォン・ビッセルに言われたので。)

テレビシリーズ "Classic Albums" で "Machine Head" のメーキングを見て、とても面白かったです。ただパープルの名曲の一つである "Lazy" について、また "Maybe I'm a Leo" も歌詞から察するに背景に何か逸話があるだろうという気がするのですが、どちらについても何も説明がなかったのが残念でした。この2曲、DVDヴァージョンには含まれているのかもしれませんね。それから、辻褄の合わない部分を見つけたのでそれについて少し。

番組によると、カジノが火事で焼けてしまった後、パープルがとりあえずレコーディングを開始できるようにと、パビリオンいう建物をクロード・ノブが見つけてくれたとのことでした。ここで "Smoke on the Water" のマスター・テイクが録音されたのですが、バンドが録音を始めるやいなや、近所の住人が騒音に苦情を訴え、呼ばれた警察がスタジオのドアをガンガンと叩き始めた。確かマーティン・バーチだったと思いますが、「もしあの時テイクが終わるまでローディー達がドアを押さえて警官が侵入してくるのを防いでいなかったら、"Smoke on the Water" はちゃんと録音されていなかっただろう」と述べています。

パビリオンを追い出されたパープルは、冬期の間閉鎖されたホテルでアルバムの残りを録音することになります。このホテルは「空っぽで、寒くて、カーペットさえろくにない」建物で、そこへバンドは赤いランプやマットレス(ベッド)をいくつか運び込んで、少しは居心地のいい臨時スタジオをセットアップしたとのことです。

辻褄が合わないのは、ギターソロの後、三番の歌詞です。「グランドホテル」に「赤いランプと、使い古したベッドもいくつか」運び込んだという場面が描写されていますが、これは明らかにパビリオンでのセッションの後に起こったことであり、したがってパビリオンで作曲・録音された "Smoke on the Water" にこの歌詞が収録されているのはおかしい訳です。

この謎を解明していただければ幸いです。どうぞよろしく。

Jeremy Marples

ハロー、ジェレミー、

鋭い観察だね。幸い答えは質問よりも単純だ。

"Smoke" のマスター・テイクは確かにパビリオンで録音された。ただしそのマスターにはボーカルが入っていなかった。例の素晴らしきダン・ダン・ダーンのリフとその他のアレンジのみで、歌のメロディーも歌詞もまだ出来ていなかったんだ。

曲のタイトルと歌の部分が書かれたのはモントリューでのセッションの終盤になってから。まだ曲が足りないと気付いたので、それまでに録音したけれど未完成のまま放っておかれていたマテリアルをもう一度聴いてみて、幸いにも発見した次第だ。これで謎が解けただろうか。

Cheers, ig

From: Mrtn242m@aol.com

ハイ、

まず言いたいのは、何て素晴らしいサイト! 特にWordographyセクションはとても参考になります。次に、ちょっと遅いのは分かってますが、ハマースミスでの目も眩むようなショー(初日)をどうもありがとう。

三つめは...質問ですが...以前持っていたミスター・ユニバースのコンピレーション・テープに入っていた曲のタイトルが思い出せず、悩んでます。僕の持ってる Gillan のアルバムのどれにも収録されてない曲ですが、歌詞だけは覚えています。うちの息子がまだ赤ん坊の頃、家の中に他に誰もいない時を狙っては、いつも歌って聞かせてたので。この曲のタイトルと、どうやったら入手できるかを教えてもらえますか。歌詞は以下の通り...

' You join a piece of wood
onto another piece
and do it all again
until you gotta a house
A little wooden house.....'

これだけじゃ分からないかも知れませんが、この歌詞は当時の僕にとって大きな意味を持つもので、それは今でも変わりません。だからずっとこの曲を探しているんです。最近ネットを始めたので、こうやって質問のお便りを出すことにした次第です。よろしく。

Martin Thornton

(夏至の夜を、そして史上最も偉大なボーカリストを、とても楽しみにしています。)[注3]

ハロー、マーティン、

お便り、有り難きお言葉、そして質問をどうもありがとう

お探しの曲は Gillan のアルバム Double Trouble に収録されている Born to Kill だ。ついでにこの曲も Wordography セクションに加えたので、そちらも参照のこと。

Cheers, ig

From: rajwiu@attbi.com (Robert Johnston)

ハイ、イアン、僕のお気に入りの曲、DBが Wordography セクションに追加されるのを今でも待っています。その内いつか追加すると言ってましたよね。いったいこの女性は誰なのか等、知りたくてウズウズしています。そういえばVH1で Trashed のビデオが流れていてビックリ。見ることができてすごく嬉しかったし、83年のクワイエット・ライオットと一緒のストーンヘンジ・ツアーを思い出しました。僕も10ドルで見たんですよ。

去年の夏はシカゴで公演してくれてありがとう。最前列にいた僕の Born Again のTシャツも気付いてくれましたね。これ以上かっこいいアルバムジャケットはないですよ!

2003年も活躍して下さい

Bob

ハロー、ボブ、

Digital Bitch は既に編集者に送ってあるので、近日中に Wordography セクションに追加されるはずだ。

Trashed のビデオはコピーを持ってないけれど、曲のタイトルを耳にする度に、当時の思い出が鮮明に浮かび上がる。

10ドル? そりゃ悪くない値段だね。

君のTシャツはよく覚えてるよ。アルバムジャケットに関しては、そうかもしれない。どの辺の席かによると思うけど。

励ましの言葉、どうもありがとう。

Cheers, ig

訳者注:
[1] 現在では Gaffer は映画の照明担当主任を差す
[2] さいころを使う卓上ゲームの一種で, 地所の取引を行ない, 不動産を独占しようと争うことを模したもの
[3] 6月21日、ディープ・パープルはロンドンで公演した

Back to the Q&a index
 に戻る