The complete lyrics - all in good time

12. Hey Cisco

(Gillan, Glover, Lord, Morse, Paice)
Deep Purple のアルバム Purpendicular より

元々はハリウッド・スタジオがテレビでローン・レンジャーを演じていた俳優に対して損害賠償を要求しているというニュースにインスピレーションを得た曲。確かクレイトン・ムーアという名前の俳優だったと思う。報道で知った限りでは、このキャラクターおよびそのイメージの権利を所有していると主張するスタジオ側が、彼がローン・レンジャーの格好でスーパーマーケットの開店式に出演する許可を拒絶したというものだった。その結果可哀想に、コスチュームのマスク、銃、帽子その他(馬は既に死んでいた)をスタジオ側に返却させられる羽目になり、あわやのところに登場して悪者をやっつけるという演技で数百ドル(なのかいくら貰ったのか知らないが)稼ぐという商売は二度と出来ないことになった。何百万という子供達(僕も含めて)がそんな場面を見ては畏敬の念にうたれ、正義の味方は必ず勝つのだと教えられたものだった。現実は必ずしもそうではないとこれで判明したが、無垢な僕達はそんなこと知る由もなかった。この曲はそんな不公平な世の中の不均衡を正すために書いたものだ。

芸術的表現という過程を経てテーマもちょっと変え、ここでは(実は結構つまらなかった)ローン・レンジャーについてではなく、当時もっと格好よかったヒーロー2人についての曲となった。向こう見ずで、痺れるほど華麗なシスコ・キッドとその相棒パンチョ 、演じたのはダンカン・レナルドとリオ・カリロだった。だがメッセージ自体は変わっていない。

Hey Cisco

(Gillan/Glover/Lord/Morse/Paice)

Watch him ride into the sunset
He'd have the little fat guy
Right along his side
Echoing off the canyon, Hey Cisco
From Pancho 'n' pretty soon
The black sombrero would reply
Hey Pancho what's happening mi amigo
It's getting somewhere near the end,
This winding trail
When we've raced around the corner
For the final dusty time
Mr Renaldo 'n' Carillo's
Going to jail

Can't open no more supermarkets
Duncan's sombrero's hanging
Up there with his guns
Some cigarro sucking slug
Under a cheap Hollywood chandelier
Says 'Cisco, Kid you know
Your day is done
Let me know how you are doin'
Mr Renaldo
If you need me I could be
A friend for life
There don't seem any point
We should throw 'way
all these years
Why don't we saddle up
And ride out one more time

What they doing to my friend
What they doing to my man
Don't matter when
I'll stay to the end
Hey Cisco
We're going out in style
We're going down together

back to the Wordography index
 に戻る