The complete lyrics - all in good time

14. Almost Human

(Gillan, Glover, Lord, Morse, Paice)
Deep Purple のアルバム Abandon より

一番の冒頭の部分は、僕が自分のウィスキーに語りかけているところ。ベルズのボトルには "Afore ye go" (お帰りになる前に)というスローガンが書いてある。

「アフターバーナー」というパーティーゲームを実演してみせることが時々ある。実に簡単なもので、必要なのは新聞紙と何らかの点火装置、そしてもちろんリラックスするためにウィスキーを2杯ほど。新聞紙見開き1枚を筒型に丸め、両端はクシャクシャにつぶす。この時点で服は脱いでいなくてはならない。筒の片端を尻の間に挟み、反対側の端に火をつけてレッツゴー。熱さに耐えられなくなる前に、駐車場もしくはバーの中を何回往復できるかを競うゲームだ。もし途中でエンジン(このゲームではこう呼ばれる)を落としてしまったら、また拾って続けることは許されず、そこでお終い。だから「素っ裸でお尻に火の付いた新聞紙を挟んで、ふんばりながら全速力で走り回る」テクニックをしっかり習得しておくことが何よりも大切だ。

イメージが湧いた? オッケー、残りの部分も同じような感じ。基本的に(リラックス剤としての)ウィスキーを誉めたたえた歌だ。最後の部分だけは説明の価値があるだろう。深夜2時頃、僕がジョー・オドンネル(行きつけのパブの店主であり、同じくベルズ・ウィスキー愛好者)と海葬の長所について議論しているところへ、妻がそろそろ帰りましょうと言う。その晩もそれ以前もパブのカーペットにビールをこぼす奴は結構いて、僕がさて、と立とうとすると、何と足が床にくっついて取れない! お陰で店を出るのが更に遅れ、もう一杯飲みながら以前フライトケースが僕の頭の上に落ちてきて、病院に担ぎ込まれたところ、瞬間接着剤で治療された...という話をジョーにしたのだが、それはまた別の曲。

Almost Human

(Gillan, Glover, Lord, Morse, Paice)

I know you're the only
One who understands
Afore ye go, before you leave
You always shake my hand
Even when I'm crazy
On fire and naked
Just as Nature intended
With no style but easily blended

You always know where
I'll be found
Hanging somewhere
Near the ground
Help me up or help me down

Don't want to lose those days
When everything is just a Haze
I'm dreaming

I believe I could walk before I
Learned to crawl
When I look up,
The Devil's looking back
From the mirror on the wall
You can open the door
I got my feet stuck to the floor
I may have lost my way
But I didn't get where I am today

Don't want to lose those days
When everything is just a Haze
I'm dreaming

You spin into my empty room
And once again
I'm almost human
Almost human

back to the Wordography index
 に戻る