The complete lyrics - all in good time

26 The Second Movement

(Gillan, Lord)

Concerto for Group and Orchestra
by Deep Purple & the Royal Philharmonic Orchestra、指揮: Malcolm Arnold  (1969)

および

Concerto for Group and Orchestra
by Deep Purple & the London Symphony Orchestra、指揮: Paul Mann (1999)

の両アルバムより

ジョン・ロードの1969年の大作について、バンドのメンバーは余り熱心でもなくちゃんと理解も出来ていなかった。僕達(パープル)にとっては Deep Purple in Rock を発表することの方が大切だった...ので、公演ギリギリになるまで、このプロジェクトに真剣に取り組まぬままだった。

この歌詞の大半は最後の本稽古の直前に、ロイヤル・アルバート・ホールの近くのイタリア料理店でナプキンに書いたもの。内省的で、何となくこの作品に似合わないこの歌詞だが、ジョンが辛抱強く励ましてくれなければこれすらも絞り出せなかっただろう。

30年周年記念公演にあたり、グループもオーケストラももっとこの作品を理解して真剣に取り組めて、当時の償いを出来てよかった。

どうもありがとう、ジョン

Second Movement 5/4 Section

(Gillan, Lord)

How can I see when the light has gone out
How can I hear when you speak so silently
More than enough is never too much
Hold out a hand I'm so out of touch

Do unto me as your heart would have you do
Words in my head can I get the message through
Sword in my hand can cut through the wood
Peace in my heart can soften the mood

Second Movement 6/8 Section

(Gillan, Lord)

What shall I do when they stand smiling at me
Look at the floor and be oh so cool

How shall I know when to start singing my song
What shall I do if they all go wrong

What shall I do when they stand laughing at me
Walk through the door and be oh so cool

How shall I know when to stop singing my song
What shall I do when it all goes wrong

back to the Wordography index
 に戻る