The complete lyrics - all in good time

64 Trashed

(Butler, Gillan, Iommi, Ward)
From the Black Sabbath album Born Again & also from Gillan's Inn

酔ってすっかり出来上がり、ハッピ−過ぎるほどのいい気分だった。行きつけのパブからゴムボートで運河を下って帰宅の途中、ちょっと冒険したい気が起こり、僕のフォードでレースコースを何周か走ってみることにした。いや、本当にその時は僕の車だと思ってたんだ。進取の気性に富む我らのツアマネ、ポール・クラークが、セッション中みんなが使えるようにとオークションで買ってくれた内の1台だ。レンタルよりずっと安くついたし、レコーディングが終わったらまた売り払う予定だった。

さて、どこまで話したっけ? そうそう、リチャード・ブランソンがマナースタジオ(オックスフォード近郊にある、彼が経営する宿泊施設付きのスタジオ)の一角に設置してくれたゴーカート用レーストラックだった。集まったのはスタジオ施設スタッフの淑女の皆様、ピーター・レスティー(トミー・アイオミのギターテク)、そして仏教信徒の庭師“アブラムシ”イアンで、それぞれ観衆、タイムキーパーおよび運転を務める。僕が走り終えた後、他のみんなも順番に走って、僕の記録に挑戦することになっていたのだ。

ところが僕の走行中にちょっとしたアクシデントが起こった。積んであったタイアにぶつかり、崩れたタイヤを次の周でひいてしまい、その反動でいきなり横すべり、高スピードのまま天地転倒しながらかなりの距離を跳んで、プールの数センチ前でやっと止まった。

宙吊りの状態で、全身を支えているシートベルトを外して車の外に脱出するのにはかなり時間がかかったから、もしそのままプールに突っ込んでいたら今頃は水死していただろう。もちろんいつも安全に気を遣っている僕だから、ヘルメットはちゃんとかぶっていたのが幸運だった。翌朝僕のテントの側の湖をバイクでジャンプしようと思い、地面に傾斜を造っているところだったので、バイク(オッサ250)と一緒にメットも用意してあったのだった。翌朝には体調も完璧とは言えない状態だったので、そのプロジェクトは放棄されたが、代わりにスタジオに行って、前日トニー、ギーザー、ビルが録音したトラックに合わせてこの曲を書いた。

ところでその車が僕のものだと思っていたのは実は間違いだったと、その後判明した。どうやらビル・ワードの車だったらしく、翌日僕のボートが姿を消したのも、それで(何となく)説明がつく。盗まれたものと思って警察にも通報したところ、その行方を追跡してくれる様子はまったくなく、「それよりサインをもらえますか?」と頼まれる始末。どうやら僕はこのところ近隣の平和を乱す一連の「事件」に関与しているのではないかと、疑われていたようだ。

そのボートが実は僕自身よりもっとボロボロの状態になっていた(無茶苦茶な仕返しだ)と分かったのは、それから何ヶ月も経ってからの事だった。加害者の名は出さないが、それにしてもちょっとやり過ぎだぜ、お前ら。まあいいや、過去のことは許し、そして忘れるのが一番。だが事件の翌日、新聞社の取材に対し、ビルの車(本当にごめん、ビル!)の残骸の前で、いかにも「犯人は私です」という顔でポーズをとって写真に納まったギーザーの行動は釈明の余地がない。あんな子供っぽいバカな行動、僕は35歳で卒業したぞ。

Trashed

(Butler, Gillan, Iommi, Ward)

It really was a meeting
The bottle took a beating
The ladies of the manor
Watched me climb into my car and
I was going down the track about a hundred and five
They had the stop-watch rolling
I had the headlights blazing I was really alive
And yet my mind was blowing
I drank a bottle of tequila and I felt real good
I had the tape deck roaring
But on the twenty fifth lap at the canal turn
I went off exploring
I knew I wouldn't make it
The car just wouldn't take it
I was turning, tyres burning
The ground was in my sky
I was laughing, the bitch was trashed
And death was in my eye

I had started pretty good and I was feeling my way
I had the wheels in motion
There was Peter and the Greenfly laughing like drains
Inebriotion
The crowd was roaring I was at Brands Hatch
In my imagination
But at the canal turn I hit an oily patch
Inebriation

Ooh Mr. Miracle you saved me from some pain
I thank you Mr. Miracle I won't get trashed again
Ooh can you hear my lies
Don't you bother with this fool
Just laugh into my eyes

So we went back to the bar and hit the bottle again
But there was no tequila
Then we started on the whisky just to steady our brains
'Cos there was no Tequila
And as we drank a little faster at the top of our hill
We began to roll
And as we got trashed we were laughing still
Bless my soul

back to the Wordography index
 に戻る