The complete lyrics - all in good time

8. Perfect Strangers

(Blackmore, Gillan, Glover)
Deep Purple のアルバム Perfect Strangers より
(時として "Perfect St. Rangers" と呼ばれることもあり)

過去を取り戻すことは可能なのだろうか? あの炎は再び激しく燃えるだろうか? 80年代半ば、10年以上ぶりに(ちょっと不安定ながらもとりあえず)一緒になった時に、僕達みんなが考えていたのはこの質問だった。ディープ・パープル。それは家族であり、もちろん諍いも色々あったけれど、過去に一緒に経験した、あの当時の気魄が再び僕達を一堂に集めることになった。ほんの1年前には思いもよらないようなことだったが。この時点に辿りつくまで、それぞれが波乱万丈な冒険を繰り広げてきたから、僕達の誰もが69年当時よりはずっと大人になっていた。

この曲は僕達が自らについて、そして大衆からの反応、今やろうとしている音楽やその価値について感じていた不安に関するもの、好き勝手にやり放題の日々は過ぎ去り、人生の新しい章が始まろうとしている事実を認め受け入れようとしたものだ。つまり(僕の観点から言うと)こう言った自分達の弱い部分が初めてスポットライト(一条の銀)にさらされるにあたって僕達が感じた孤独や特異性についての曲だ。

Perfect Strangers

(Blackmore, Gillan, Glover)

Can you remember
Remember my name
As I flow through your life
A thousand oceans I have flown
And cold spirits of ice
All my life
I am the echo of your past

I am returning
The echo of a point in time
Distant faces shine
A thousand warriors I have known
And laughing as the spirits appear
All your life
Shadows of another day

And if you hear me talking on the wind
You've got to understand
We must remain
Perfect strangers

I know I must remain inside this silent well of sorrow

A strand of silver
Hanging through the sky
Touching more than you see
The voice of ages in your mind
Is aching with the dead of the night
Precious life
Your tears are lost in falling rain

And if you hear me talking on the wind
You've got to understand
We must remain
Perfect Strangers

back to the Wordography index
 に戻る